顔のしわ対策をして、ガッツリアンチエイジング!













生活習慣による影響

日頃の生活習慣が、ほうれい線や目尻のしわに影響しているとも言われています。例えば、食生活だけを見ていても、その栄養素が大きな鍵を握っています。野菜を食べないとビタミンなどが不足してしまい、肌荒れを引き起こします。そして、その影響によってたるみが生まれてしまう可能性もあるのです。また、食事中によく噛まなかったり、柔らかいものを好んで食べることによっても、頬の筋力が衰えていくことに繋がります。

食事だけでなく、さまざまな生活習慣がほうれい線や目尻のしわなどに影響しています。睡眠が不足すると成長ホルモンの分泌が妨げられます。脳の脳下垂体前葉から分泌される成長ホルモンは、日中、肌が受けたダメージを修復する効果があると言われているため、睡眠は重要な意味をもっているのです。また、ストレスがかかると血管が収縮するため血流が悪くなり、老廃物が溜まります。このこともほうれい線や目尻のしわが出来やすくなる原因と言えるようです。

生活習慣によってほうれい線や目尻のしわが出来やすくなるというデータがあります。食生活や睡眠習慣、また、ストレス対策を怠ることで頬が垂れ下がるので気を付けましょう。逆を言えば、これらに気を付けることでほうれい線や目尻のしわの対策につながるのです。