顔のしわ対策をして、ガッツリアンチエイジング!













加齢による影響

ほうれい線や目尻のしわの原因にはいくつか存在しますが、代表的な原因として加齢が影響していることが指摘されています。加齢に伴い全身の筋肉が衰えていきます。そして、それは表情筋も例外ではありません。顔の筋肉が衰えることによって、徐々に頰が垂れ下がっていき、ほうれい線や目尻のしわが目立つようになってしまうのです。

さらに、肌の土台であるところの真皮が衰えるということも指摘されています。肌の真皮は加齢により活性酸素によるダメージによって、その中にあるコラーゲンやエレスチンを硬くしてしまいます。さらに、紫外線を浴び続けることによって、肌の奥底にある真皮にまでその影響を蓄積させていきます。それが少しずつほうれい線や目尻のシワを起こしやすくさせるのです。そして、真皮がダメージを受けることによってターンオーバーが乱れます。これによって肌が老化してしまうのです。

加齢による肌の衰えは、筋力の低下によって表情筋が垂れ下がってくることによる影響が大きいです。また、活性酸素や紫外線によるダメージによって真皮のターンオーバーが乱れてしまい、たるみが生まれ、ほうれい線や目尻のしわの原因となります。日頃のケアを怠ってしまうと、その影響は一気に表面に出てくることでしょう。